「ハレタル」オープニングイベントに参加して

今日は東洋経済が運営する育児中の女性向けサイト『ハレタル』のオープニングイベントが表参道でありました。

o0480064113748947238

ハレタル』には私たちユニットのメンバーも、ライターとしてそれぞれ記事を書かせていただいております。サイトのオープン前から、編集長の堀越さんなどから『ハレタル』に込める想いをお聞きし、「家族との日々の暮らしを大事にしたい、でも自分らしさも忘れずにいたい」といった女性の力になれるような記事を、というコンセプトには非常に共感を持っていました。

とはいいつつ、新媒体ということもあり、企画を考えるうえでどうしたら読者に楽しんでいただけるか日々試行錯誤し、方向性や切り口など迷い悩むときもありました。

それで今回のリアルイベント。どのような方たちが来ているのか、純粋に知りたいと思いました。もちろんイメージキャラクターの和田さんにも生でお会いしてみたかったんですが!!

イベント会場はものすごく混みあっていて、ベビーカーを押すママたちもたくさん。会場前の道路にいたら、たまたま通りがかった人に「これは何のイベントですか?」と聞かれるぐらい、界隈の注目を集めていました。この方たちが『ハレタル』を読んでくださっているんだ!と、なんだか温かい気持ちになって、きっとそれだけコンセプトが受け入れられている証なんだと思いました。

中に入ると、抱っこひもで小さな赤ちゃんを抱えた女性が、和田さんと堀越編集長のトークショーをじっと後ろで聞いていました。その後、記者体験ワークショップに参加されていて。

小さな赤ちゃんを抱えて、このような場に出てくるって、とても勇気がいるし、想像以上に大変だと思います。でもきっと、この方は、ワークショップで何か見つけたいものがあったんでしょうね。その一歩を踏み出すきっかけを『ハレタル』が作っているのだとしたら、堀越さんたちが目指したものが形になりつつある、ということでしょう。

私たちも頑張って、これからも心に響く記事、そして私たちらしさの出る記事を書いていきたい、と心新たにした一日でした。

(吉岡名保恵)

img_09181【和田明日香さん(左)と堀越千代編集長(左から2人目)と】